低コストでWMSを導入するならクラウド型が最適です。

WMSとは倉庫管理システムともいい、
製造業などにおいて在庫管理を的確に行うのに必要となるものです。
WMSを導入するとすれば、クラウド型が良いのではと思います。
なぜならクラウドの方が低コストで導入することができ、
早く運用開始することができるからです。
WMSを導入するのを躊躇っていた会社でも、
クラウドとして安価なサービスを提供しているので、導入してみれば、
いかに効率化されるか便利さを分かっていただけることでしょう。
倉庫を複数持っていても、在庫状況がリアルタイムに一元管理ができ、
完全に業務を効率化できます。
在庫状況が分かることによって、余計な入出庫をすることがなくなるのです。
つまりクラウド型WMSは、
低コストで在庫管理を効率的に行いたい会社に最適なシステムなのです。http://yamato-logi-mieruka.jp/service/warehouse/

http://www.associationintervida.org/aso/