あなたは交通事故後の後遺障害に悩まされていませんか?

交通事故は、日常どんなに気を付けていても避けられない場合があります。
たとえば、自分が赤信号で停車しているときに後ろから追突される、など。
そしてこのような場合に後遺障害が起こりやすいという悲しい現実もあります。
たとえば、むちうち障害。
出血や腫れなどがないため、事故当初は気が付きにくく放置してしまうケースが多いようです。
そして翌日もしくは数日後、身体のだるさなどによって症状があらわれ、徐々に悪化していきます。
治療が遅いと治りが遅く、結果として何年もこの後遺障害に悩まされている方が多くいらっしゃいます。
重たい物が持てない、雨が降る前に具合が悪くなる…など、むちうちがその後の人生に及ぼす影響は決して軽くありません。
どうしたらこのような悲しい事態を避けられるのでしょうか。
もちろん、日頃から交通事故を起こすような運転を自ら控え、安全意識を高く保つことは言うまでもありません。
しかし、もらい事故など自分の過失ではない場合は、ぐずぐずせずすぐ病院に行きましょう。
むちうちと判断された場合は、絶対安静が原則とよく言われます。
医師の指示を注意深く守り、自分に合った治療法を時間をかけて探すのが有効です。
治療期間が長くかかるかもしれませんが、それを放置してその後の何十年という長い人生を後遺障害に悩まされて生きるよりは、できるうちにしっかり治すことのほうが賢いと言えるのではないでしょうか。
自分の大切な身体は、大切に扱うようにしたいものです。

http://baishoukin.com/baisyoukin/


http://www.associationintervida.org/aso/