もし手形割引で譲渡した手形が不渡りを出したら

手形を受け取ると、その裏側に必ず受け取った人(法人)の著名を記さなければなりません。
この裏に書かれた人の事を裏書人といい、振り出された手形を最初に受け取った人を第一裏書人といいます。
この記載は、手形を受け取った人の履歴なのです。
手形割引して手形を金融機関に譲渡したとします。
しかし、その受け取った手形の振出人である企業が不渡りを出して、期日に現金化されないとしたら、金融機関は誰に支払いを求めるのでしょうか。
それは、裏書人です。
裏書人は複数いる事がありますが、その中でも求められるのは手形割引を依頼した裏書人です。
通常、金融機関は口座開設している人(法人)からしか、手形の譲渡を受けないので、話し合いを経て、依頼人の口座から差し引かれる事になります。
そして、手形割引を依頼した人は、振出人、つまり不渡りを出した企業、または裏書人を遡って請求できます。
もし、振出人だけにしか請求できなければ、請求できても回収は難しくなるでしょう。
しかし、裏書人を遡ることが出来れば、請求できます。
不渡りが出ると、振出人は勿論の事、裏書人にも多大な影響があるのです。

http://www.associationintervida.org/aso/