ピンポイント広告はDSPにお任せ

ネット広告が始まって15年くらいになりますよね?昔は、バナーを作って、クリックしてもらったり、するのが基本でどちらかというと待ちの感じでしたが、時代は変わりまして今ではDSPというものがあるようです。
DSPとは送る広告をそれを欲しているユーザーにピンポイントで配信するもので、どうやってそれをやるかといいますと、ユーザーの利用履歴などから、そのような商品がほしいかをあらかじめ予測して、その関係ばっかりを配信するわけなのです。
今回紹介のNDPマーケティングさんならばそれらをしっかりとやってくれて、広告の配信のコントロールをしっかりやってくれて、それによって国内にとどまらず海外でもやってくれて、最近増えてきたスマホなどでも効率的に広告を配信してくれるのです。
いい情報と、安定の利益ができるというこれはまさにウインウインの関係といえるのではないのでしょうか?DSPが気になる方はぜひともサイトに行ってほしいなあと思います。

http://www.associationintervida.org/aso/